" />

ドライヤー ブログ ヘアケア

ドライヤーの使い方を美容師が伝授!

女性であれば毎日使う”ドライヤー”

お風呂上がりに濡れた髪を乾かすのに使いますよね?

もしかして

適当に乾かしていませんか?
濡れたまま放置していませんか?

もしやられているなら今すぐやめて下さい。

それらは"髪の痛み"や"パサつき"はもちろん"カラーの退色"の原因にもなり得ます。

 

でも乾かし方が分からなくて...

 

何が悪くて何が良いのか分からない...。

 

こう思われる方もお客様にかなり多かったので今回は

 

プロの美容師が”正しいドライヤーの使い方”を伝授致します!

 

 

髪の「パサつき,広がり」などの原因は乾かし方が原因?!

 

美容師をしていて、お客様の髪のお悩みでよく聞くのが

 

  • パサつき(乾燥)
  • 広がる
  • まとまらない
  • 絡まる
  • ツヤが出ない

などなど...

 

原因は様々ではありますがその1つに”ドライヤーの乾かし方”があります。
ドライヤーの使い方さえ覚えればこれらのお悩みも改善されますので
是非、この機会に習得して”美髪”を手に入れましょう!

 

間違ったドライヤーの使い方で髪が”乾燥する”

 

普段何気なく乾かしている髪の毛ですが
「髪が乾けばいいや」と適当に乾かしていませんか?

 

 

それ、私のことだ...。

 

管理人(みった)
管理人(みった)
大丈夫です!この記事を読んで今日から改善しましょう!

 

適当に乾かしていると髪の”乾燥”や”広がり”は改善されません。

 

また、ドライヤーを長時間使い続けたり過剰に乾かしすぎたりすると
髪の”乾燥”だけでは無く”頭皮の乾燥”も引き起こしてしまいます。

 

 

乾かした後に髪の毛がパサついたり、広がりまとまらなくなる原因の一つとして
”乾かしすぎ”が考えられるかもしれません。

 

また、長時間のあいだ熱風を当てる事により
頭皮も乾燥し、”フケ””痒み”を引き起こす可能性もあります。

 

それらを引き起こさない為にも、同じ場所に熱を当て続けたり長時間のドライヤーは避けて下さい。

 

ドライヤーの時間を短縮するにはしっかりと水気を拭き取ってから
熱を分散させるようにドライヤーを振りながら乾かして下さい!

 

ドライヤーで乾かす前にやるべき事

 

髪を乾かすのは大切ですがただ乾けば良いわけではありません。

 

そして、乾かすまでにやるべき下準備があります!

 

まずは”ドライヤーに入る前にやるべき事”をご紹介致します!

 

 

十分に水気を取る

 

ドライヤーに入る前にできるだけ水気を拭き取りましょう。

 

髪に含まれている水分が多ければ多い程、髪を乾かすのに時間がかかります。
また、ドライヤーの熱を当ててる時間が長ければ長いほど髪の毛は痛みますし
頭皮の乾燥も引き起こす恐れがあります。

 

なのでできるだけドライヤーを使う時間を減らすためにも
しっかりと”タオルドライ”で水気を拭き取りましょう。

 

その際も、できるだけ擦らずに優しく拭き取りましょう!

 

 

タオルドライについてはこちら

美容師が教える”正しいタオルドライのやり方”[絶対NG]

お風呂上がりに行う”タオルドライ” 何も考えずにただ乾けばいいと思ってますか? 毎日適当に済ませてませんか? 濡れた髪の毛をゴシゴシしてませんか? 濡れた髪のまま放置してませんか? ドライヤーで乾かせ ...

続きを見る

 

 

”トリートメント”をつけて乾かす

 

お風呂上がりの髪の毛に塗布する”アウトバストリートメント”
(”洗い流さないトリートメント”とも呼ぶ)

 

これをつける事により乾かした後の髪の仕上がりが変わります。

 

”サラサラ””しっとりまとまる”ような仕上がりにしてくれるものもありますので
希望の仕上がりに合った物を手にしてみて下さい!

 

”オススメのトリートメント”も記事に致しますので少々お待ち下さい!

 

 

髪に”ツヤ”と”まとまり”が!?正しいドライヤーの使い方

 

 

"乾かす前にやるべき事"を覚えたところで早速乾かし方を説明していきます!

 

覚えて欲しいのはたった”2つ”です!

  1. 上から熱を当てる
  2. 根元から乾かす

 

この2点さえ意識して乾かすだけで乾かした後の仕上がりが変わります!

 

管理人(みった)
管理人(みった)
それぞれ解説していきますね!

 

1つ目”上から風を当てる”

 

髪の毛の表面は"キューティクル"というもので覆われています。

 

キューティクルについてはこちら

美容師が教える”正しいタオルドライのやり方”[絶対NG]

お風呂上がりに行う”タオルドライ” 何も考えずにただ乾けばいいと思ってますか? 毎日適当に済ませてませんか? 濡れた髪の毛をゴシゴシしてませんか? 濡れた髪のまま放置してませんか? ドライヤーで乾かせ ...

続きを見る

 

この"キューティクル"が整うと髪が”まとまりツヤ”がでます。
逆にこのキューティクルが整っていなければ
髪が”広がったりパサついた状態”になります。

 

具体的に整う状態とは
”キューティクル”が閉じている状態の事です。

 

キューティクルは

乾いた状態 →閉じる
濡れた状態 → 開く

 

図で解説するとこんな感じです↓

 

 

この写真の右側はキューティクルが開いている状態です。
上から熱を当てる事でこのキューティクルはと閉じた状態になります。

 

閉じた状態にする事で、キューティクルは整い髪に”まとまり””ツヤ”が生まれます。

 

上方向から乾かす事は、髪を綺麗にしたい方の絶対条件になってきますので実践してみてください!

 

確かに、美容院に行くと美容師の方々も”上方向”から乾かしてるかも!

 

管理人(みった)
管理人(みった)
髪を乾かす時の基本ですよ!

 

今後は”上方向”から乾かします!

 

これからドライヤーで乾かす時は

 

"上方向から熱を当てる"ようにしてみて下さい!

 

2つ目”根元から乾かす”

 

2つ目は"根元から乾かす"ことです!
根元→中間→毛先の順番で乾かしましょう

 

何で根元からなの?

 

管理人(みった)
管理人(みった)
簡単にいうと、"乾きが早くなる"からです!

 

ポイント

乾きが早い = ドライヤーを使う時間短縮

 

乾きが早くなる以外にも様々な

メリットとしては

ドライヤー作業の時間短縮で腕への負担軽減+髪へのダメージ軽減
上方向からドライヤーで髪に”まとまりツヤ”
髪の乾燥や頭皮の乾燥の防止

 

正しい使い方を覚えることでこれだけのメリットが生まれます!
是非、この機会に”ドライヤーの正しい使い方”を実践してみて下さい!

 

 

まとめ

 

今回は、お客様からよく聞く髪のお悩みを改善する
”正しいドライヤーの使い方”について説明させて頂きました!

 

乾かす手順をまとめると

  1. タオルドライで十分に水気を取る
  2. ”アウトバストリートメント”を付ける
  3. ”オーバードライ”に注意して乾かす
  4. ドライヤーの風は上から当てる
  5. 乾かす順番は根元→中間→毛先

 

このようになります!
これからドライヤーを使う際はこれらを意識して乾かして下さい!

この乾かし方を行うメリットをまとめると

メリットまとめ

・髪がまとまりサラサラに

・ドライヤー時間の短縮

・髪の毛、頭皮の乾燥防止

 

 

 

さっそく今日から始めてみます!

 

正しいドライヤーの使い方を覚えれば髪の状態が良くなるだけではなく
その他の悩みも未然に防ぐことができるので参考にしてみて下さい!

 

毎日行うことだからこそ、長い間付き合っていくからこそ
これを機に”ヘアケア”に意識を向けてくれると嬉しいです!

 

美容師からしたら当たり前な事も一般的に見たら分からない事だと思います。
今後とも、一般の方の疑問や悩みを解決できるように一般の方の目線に立ち
美容に関する事を解説していきますのでよければ他の記事も参考にしてみて下さい!

 

管理人(みった)
管理人(みった)
最後まで閲覧ありがとうございました!

 

 

HAIR info.com 

こちらのサイトでは「綺麗になりたい」「かわいくなりたい」「いつまでも美しく」いられる為のお手伝いを致しております。

 

『LINE@』にて”ヘアスタイル”や”髪に関するお悩み”など
24時間365日。個別対応しております。
↓下記のボタン↓から追加できますのでお気軽にご連絡下さい。

↓↓↓

友だち追加

↑↑↑

  • この記事を書いた人

みった

1999年 10月5日生まれ。美容師1年目。”くせ毛”と”メガネ”が特徴。 表参道駅から徒歩30秒の美容院”MINX青山店”にて勤務。

-ドライヤー, ブログ, ヘアケア
-, , ,

© 2022 [HAIR info.com] Powered by AFFINGER5